Hung Yen – 舞台裏

『緑の大地』

『緑の大地』 K-1 / SIGMA 15mmF2.8Fisheye [15mm F13 1/8000 ISO200]

K-1 / SIGMA 15mmF2.8Fisheye [15mm F13 1/8000 ISO200]

撮影会その他です。
メインの被写体はハスと竹籠でしたのでその他もろもろを。

ハスはこんなところで撮りました。
中央に写る機に続く通りのすぐ両脇に、たくさん咲いており、非常に恵まれた環境でした。

 
続きを読む

5回目のチャンアン

『峡谷をゆく』

『峡谷をゆく』 A7RII / SEL1635Z [16mm F4 1/750 ISO100]

A7RII / SEL1635Z [16mm F4 1/750 ISO100]

もう呆れられているかもしれませんがw
この4月から新しく応援者がやってきましたので、人が変わればまた案内したくなるのがチャンアンですw

まぁ、更新された機材もありますし、水位や気象条件が変われば景色も変わるのでこれで良いのですw

ハノイからも2時間、今いるところからも2時間と、どちらからも同じ感覚で行けるのがありがたいですね。

 
続きを読む

アストロトレーサー

『オリオン大星雲』

『オリオン大星雲』 K-1 / DA*300mmF4 [ F4 10sec ISO1600]

K-1 / DA*300mmF4 [ F4 10sec ISO1600]

ペンタックスにはO-GPS1というGPSユニットがあります。
K-3IIやK-1にはカメラ内にGPS機能を内蔵しています。

天体撮影では、星は暗いため、長い時間シャッターを開ける必要があります。
しかし、星は見かけ上、天球上を移動しますので、長いシャッタースピードの間に動いてしまい、そのままでは点像として捉えられなくなる条件があります。

ペンタックスのカメラは手ぶれ補正のためにセンサーが動く機構となっています。
GPSにより、緯度経度を検知することにより、星の動きを打ち消すように、星をトレースしてセンサーを移動させ、長いシャッタースピードでも星を点像として捉えるアストロトレーサーという機能が実現できます。

 
続きを読む

Flower Garden – 花とその他

『夏の落とし物』

『夏の落とし物』 K-1 / DA*300mmF4 [ F4 1/1000 ISO200]

K-1 / DA*300mmF4 [ F4 1/1000 ISO200]

Flower Gardenラストです。
相変わらずDA*300一本勝負ですw

本当は、途中で広角を使うことも考えてはいたのですが、一面の花畑というのではなく、区切られた花畑が沢山あるという感じで、広角を使うと畑の切れ目が入り込んだり、人だらけなのが写ってしまうので、結局望遠で切り取ることに専念していました。
結果的に正解だったと思いますが。

ズームと違い、レンズ交換しないと画角が変えられないので、かえって割り切って使うことでいい結果になったように思います。
自分でもわずかながらズームレンズは使いますし、否定はしませんが、やはりきちんと考えて撮るという意味では単焦点のほうが向いているんですよね。

 
続きを読む

夜空を照らす

『よるやし』

『よるやし』 K-1 [43 mm 1-8 秒 (f - 5.6) ISO 6400]

K-1 [43 mm 1-8 秒 (f – 5.6) ISO 6400]

だいたいブログの写真ネタはハノイで仕入れてくるわけですがw
ハノイに行けない週末もあるわけで、今後の仕事の状況によってはますますネタに困るようになるわけです。

なので、近場でも少しはネタを仕入れられるようにしようと思いまして。

 
続きを読む

356511 km

『スーパームーン』

 Q7 [300 mm 1-1250 秒 ISO 100]

Q7 [300 mm 1-1250 秒 ISO 100]

11/14はスーパームーンでした。
スーパームーンとは楕円軌道を描く月が地球に最も近づく日の満月で、通常の満月より大きく見える日です。

満月のタイミングと最接近の時間は2時間ほどずれていたため、2時間遅れのほぼ満月です。
Q7+DA300で1380mm相当での撮影です。

普段の満月とどう違うのか、これではよくわかりませんがw

 
続きを読む