天河洞窟

『Tour Center』

『Tour Center』 [35 mm 1-60 秒 (f - 8.0) ISO 160]

[35 mm 1-60 秒 (f – 8.0) ISO 160]

今回のチャンアンはいつもとひと味違いました。
ドライバーがなんかやけに洞窟を勧めてくるのですw

大猿のおかげで洞窟が少なかったし、バイディンも今回は短めに回ったこともあり、せっかくなので勧めに乗って行ってみることにしました。

 
続きを読む

WH-1000XM2


半年前まではヘッドホン・イヤホンは有線派でした。
今でも有線のアドバンテージはよく理解しています。
しかし、有線のアドバンテージは再生機の性能に大きく左右されることもまた事実で、一度チビ助で聴いてしまうと、他の再生機など使う気にならんわけです。
ずっとチビ助でも良かったと言えば良かったのですが、やはり部屋の中をウロウロとか、ハノイの街歩きなどを考えると、ケーブルぶらぶらはやはり煩わしかったのです。
日本に一時帰国したある時、機内のヘッドホンがSONY製でノイズキャンセル機能が付いており、試してみるとこれが素晴らしい。
これで一気にノイズキャンセルBTヘッドホン・イヤホンに興味が湧いたわけです。

続きを読む

滝撮りは難しい

『秘境』

『秘境』 31 mm 1-125 秒 (f - 22) ISO 100]

31 mm 1-125 秒 (f – 22) ISO 100]

自分で運転ができないので、なかなか撮影スポットを探すのも容易では無いのですが、ドライバーから、滝か動物園との提案があったので、迷わず滝をw

片道3時間コースでw

行ってみると、そこはあと10km程でラオスという山の中でした。

 
続きを読む

ソライロ

『この色が好き』

『この色が好き』 [55 mm 1-8000 秒 (f - 4.5) ISO 200]

[55 mm 1-8000 秒 (f – 4.5) ISO 200]

またまた早朝出撃です。
季節ごとに天気がはっきりしていて、季節が変わると曇天続きになってしまいますからね^^;

晴れとは言っても夜明け前後の時間帯に、特に地平線付近ですっきり晴れることは滅多にないので、空のグラデーションと雲越しでも太陽が見られれば晴れですw

すっきり晴れないことは確かなのですが、遠くが霞むこの景色は、それはそれで画になりますし、こうした色合いもなかなか好きだったりします。

 
続きを読む

ソライロ

『赤く青く広く』

『赤く青く広く』 [16 mm 1-8000 秒 (f - 6.7) ISO 200]

[16 mm 1-8000 秒 (f – 6.7) ISO 200]

空を取り続けて数ヶ月。
夜明けを撮っていませんでした。

朝から出かけるのがおっくうだというのもありますが、明け方は天気の悪いことが多く、早起きが無駄になることが多いからです^^;
しかし、なかなかスッキリとは晴れないものの、日の出前後には一部晴れ間が出る時期があり、そこを狙ってみることにしました。

 
続きを読む