Mi6 Photo


現在Androidスマホとして、Xiaomi Mi6を使っています。
Xiaomiのスマホは、コスパが素晴らしく、他社と同等性能なら半額くらいです。

今回は性能云々の話ではないのですが、Mi6で初のデュアルレンズ機で、ちょっと試してみました。
ウォーターマークをオフにするのを忘れていましたw


笹の葉に包まれた黒いお餅です。
中には白あんが入っており、逆大福ですw
うまかったです。名前忘れましたw


ぼかし方は2種類から選べます。
こちらは手前と奥をぼかします。


もう一つは、円の外側をぼかします。

ただ、後処理とあまり違わないように思います^^;
自分が使いこなせていないのかなぁ…

でも、手前と奥をぼかす場合、縦撮影にしか対応しておらず、横撮影をすると、左右がボケます^^;
後処理のほうが使いやすいなぁ^^;

関連記事 / Related Posts

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
いつもポチっていただきありがとうございます<(_ _)>
Thank you for your always clicking<(_ _)>
The clicking would support me.

Mi6 Photo」への2件のフィードバック

  1. >ただ、後処理とあまり違わないように思います^^;
    ソフトウェアの処理なので後処理と違いがないのは当然ですよ笑
    現場で撮った瞬間できていることに価値があります。
    標準のデュアルカメラの場合、イマイチな望遠側のサムスンのセンサーが描写に使われるのがネックでしょうか。
    Googleカメラを別途インストールできれば、広角側ソニーセンサーを使うことができますが、撮影後にカメラを傾ける操作と現像処理に2秒程掛かります。こちらはあとからボケの位置と量を調整できます。(現状では要BLU+TWRP)
    まずは、BLUするところからですかね、せっかくのXiaomi機、個人的にはこの辺を利用しないとうま味の7割捨ててると思います。(実際は2~3割でしょうか笑)

    • デュアルセンサーって、広角望遠の切り替えにしか使っていないのですかね?
      後処理と同じと言ったのは、被写体の距離情報ではなく、画像を平面情報としてしか扱っていないように見えたことです。
      れおたさんちの画像を見ると、平面情報でない、距離情報を持ったぼかし方をしているように見えたのですよ。
      この差って何なんだろうと^^;

      それだと、後処理のほうが、色々融通が利くなぁ、と思ったわけです^^;

ask-evo にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です