アジアにあるフランス

『証券取引所』

『証券取引所』A7RII / SEL1635Z [16mm F4 1/750 ISO100]

A7RII / SEL1635Z [16mm F4 1/750 ISO100]

ベトナムは1887〜1945年の間、フランスによる統治時代が続いていました。
そのため、フランス風の建築物(実物はみたことありませんがw)が、オペラハウスを始めとしてハノイには数多くあります。
そこだけを切り取ると、アジアとは思えない町並みが見られます。

 
続きを読む

夜の町並み

* 業務多忙につき、更新周期を変更しています。ご了承ください。
『State Bank of Vietnam』

『State Bank of Vietnam』 A7RII / SEL1635Z [16mm F5.6 1/15 ISO160]

A7RII / SEL1635Z [16mm F5.6 1/15 ISO160]

仕事の状況が変わり、しばらくハノイに来れていませんでしたが、ようやく来れました。
というか、翌日の撮影会のために土曜日仕事を終えてから強行軍でやってきましたw

到着が夜なので、いきなり夜撮影ですw

 
続きを読む

5回目のチャンアン

『峡谷をゆく』

『峡谷をゆく』 A7RII / SEL1635Z [16mm F4 1/750 ISO100]

A7RII / SEL1635Z [16mm F4 1/750 ISO100]

もう呆れられているかもしれませんがw
この4月から新しく応援者がやってきましたので、人が変わればまた案内したくなるのがチャンアンですw

まぁ、更新された機材もありますし、水位や気象条件が変われば景色も変わるのでこれで良いのですw

ハノイからも2時間、今いるところからも2時間と、どちらからも同じ感覚で行けるのがありがたいですね。

 
続きを読む

SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE

『二本目のFisheye』

『二本目のFisheye』 iPhone SE / - [4.2mm F2.2 1/30 ISO25]

iPhone SE / – [4.2mm F2.2 1/30 ISO25]

もともとSIGMA 10mm Fisheyeという魚眼レンズを持っていたんです。
APS-C用なので、K-1のFFサイズでは使えないのはわかっていて、クロップモードで使えばいいや、と思っていたのですが、実際に付けてみるとAFも動かないし、シャッターも切れない。
そんなわけで今はマウントアダプタを経由してαで使用しているわけですが、やはりK-1でも魚眼を使いたかったので、市場在庫があるうち(生産は終了)に入手しました。

 
続きを読む

K-1で夜散歩

『そろそろ帰ろうか』

『そろそろ帰ろうか』 K-1 / FA31mmF1.8 [ F5.6 1/6 ISO3200]

K-1 / FA31mmF1.8 [ F5.6 1/6 ISO3200]

ある時友人に言われました。
「K-1あるいはαを持つと、夜な夜な徘徊してしまうんですね。」と

もともとスローシャッターを気にしないというか、むしろやる気が出るというかw
そんなわけで、高感度でも低ノイズの機種が手元にあると、先の指摘のようなこともあながち間違いでも無いことになってしまうわけですw

 
続きを読む

Flower Garden – 花とその他

『夏の落とし物』

『夏の落とし物』 K-1 / DA*300mmF4 [ F4 1/1000 ISO200]

K-1 / DA*300mmF4 [ F4 1/1000 ISO200]

Flower Gardenラストです。
相変わらずDA*300一本勝負ですw

本当は、途中で広角を使うことも考えてはいたのですが、一面の花畑というのではなく、区切られた花畑が沢山あるという感じで、広角を使うと畑の切れ目が入り込んだり、人だらけなのが写ってしまうので、結局望遠で切り取ることに専念していました。
結果的に正解だったと思いますが。

ズームと違い、レンズ交換しないと画角が変えられないので、かえって割り切って使うことでいい結果になったように思います。
自分でもわずかながらズームレンズは使いますし、否定はしませんが、やはりきちんと考えて撮るという意味では単焦点のほうが向いているんですよね。

 
続きを読む