ソライロ

『この色が好き』

『この色が好き』 [55 mm 1-8000 秒 (f - 4.5) ISO 200]

[55 mm 1-8000 秒 (f – 4.5) ISO 200]

またまた早朝出撃です。
季節ごとに天気がはっきりしていて、季節が変わると曇天続きになってしまいますからね^^;

晴れとは言っても夜明け前後の時間帯に、特に地平線付近ですっきり晴れることは滅多にないので、空のグラデーションと雲越しでも太陽が見られれば晴れですw

すっきり晴れないことは確かなのですが、遠くが霞むこの景色は、それはそれで画になりますし、こうした色合いもなかなか好きだったりします。

 
続きを読む

ソライロ

『赤く青く広く』

『赤く青く広く』 [16 mm 1-8000 秒 (f - 6.7) ISO 200]

[16 mm 1-8000 秒 (f – 6.7) ISO 200]

空を取り続けて数ヶ月。
夜明けを撮っていませんでした。

朝から出かけるのがおっくうだというのもありますが、明け方は天気の悪いことが多く、早起きが無駄になることが多いからです^^;
しかし、なかなかスッキリとは晴れないものの、日の出前後には一部晴れ間が出る時期があり、そこを狙ってみることにしました。

 
続きを読む

ソライロ

『闇に燃える』

『闇に燃える』 A7RII [16 mm 0.5 秒 (f - 5.6) ISO 6400]

A7RII [16 mm 0.5 秒 (f – 5.6) ISO 6400]

表情を変えるには時間帯を変えるのが一番です。
フォトジェニックなのはやはり朝と夕方ですが、夜景も面白いかな。

色を若干強調していますが、製油所の明かりで空と雲が赤く照らされています。

 
続きを読む

ソライロ

『輝く太陽』

『輝く太陽』 A7RII / SEL1635Z [16mm F16 1/8000 ISO100]

A7RII / SEL1635Z [16mm F16 1/8000 ISO100]

太陽撮影と言えばDA15だったのですが、FFに移行して使用頻度が下がってしまったのです。
しかもK-1のFFで使える広角と言えばSigma8-16の14mm以上か、FA31です。
こういう場面ではFA31でも狹く感じることがあり、Sigma8-16は光芒の形が好みではありません。

αで使用するSEL1635Zもまずまず逆光に強く、FFで16mmが使えるので、最近広角担当をお願いすることが増えています。
くっきりした光芒を得ようとしたらF16以上に絞らないといけないのが難点ですが^^;

 
続きを読む