ソライロ

『不穏な雲』

『不穏な雲』 A7RII [35 mm 1-750 秒 (f - 8.0) ISO 100]

A7RII [35 mm 1-750 秒 (f – 8.0) ISO 100]

空撮り続けておりますが、この日は何やら雲行きが怪しくなってきました。

 

『迫りくる』

『迫りくる』 A7RII [16 mm 1-500 秒 (f - 8.0) ISO 100]

A7RII [16 mm 1-500 秒 (f – 8.0) ISO 100]

半分爽やかな夏空なのですけどねw

 

『侵食』

『侵食』 A7RII [16 mm 1-500 秒 (f - 8.0) ISO 100]

A7RII [16 mm 1-500 秒 (f – 8.0) ISO 100]

この夏の侵食ですw

 

『傘はあれど』

『傘はあれど』 A7RII [22 mm 1-350 秒 (f - 8.0) ISO 100]

A7RII [22 mm 1-350 秒 (f – 8.0) ISO 100]

傘はありますが、このままここでゆっくりするつもりはありませんw

 

『晴れと雨の境界線』

A7RII [35 mm 1-500 秒 (f - 8.0) ISO 100]

A7RII [35 mm 1-500 秒 (f – 8.0) ISO 100]

空はまだまだ夏空がありましたが、地上はすでに雨雲の支配下にありますw

 

今日の拾い物 〜言葉選びは慎重に〜
母の友人から聞いた話です。

臨月に入った、ある奥さんが電車に乗った時の出来事。
上品な紳士に席を譲られ、お礼を言って座りました。その紳士が下車する一瞬、
紳士の着るスーツの襟に付いた、見覚えのある社章に気付きました。
「主人と同じ会社だ」
帰宅したご主人に事の顛末を話しました。奥さんから聞いた背格好から推定し
調べた結果、顔見知りの、別の課の課長さんである事が判りました。
課長さんは「ああ、君の奥さんだったのか。こんな事もあるんだねぇ」と言い、
この偶然について驚いていたそうです。

3ヶ月後。
課長さんの自宅に、奥さんの名前で一通のハガキが届きました。赤ちゃんの
写真が印刷され、その横にはこう書き添えられていました。
「その節は、ありがとうございました。この子は、あの時の子供です」

その日、課長さんの家は、大変な修羅場と化したそうです。

 

関連記事 / Related Posts

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
いつもポチっていただきありがとうございます<(_ _)>
Thank you for your always clicking<(_ _)>
The clicking would support me.

ソライロ」への2件のフィードバック

  1. 不穏な雲が迫ってくる瞬間って、怖いけど
    その後降り注ぐ雨に興味が湧きます。

    言葉選びは慎重に。
    明日の記事を書きながら思っていたところだったので
    驚きました。

    言いたい事はわかるけど、想像力や配慮が欠けると
    意味が変わってくる…
    今一番注意すべきは政治家ですかね。。。

    • 日中の雨は大体短時間でやみます。
      夜中に降る雨は大量に長時間降り続けます^^;
      雨って分かるように撮れると良いのですけどね^^;

      同じことを伝えようとしても、言い方一つで伝わり方が違いますよね。
      笑い話で済むならまだ良いのですが^^;

      配慮の足りない失言にも困ったものですね^^;
      でも、それほどひどい発言でないにも関わらず、殊更にあげつらって、問題ないことを問題にしようとする人たちはもっと困りものです。

      政治家やマスコミ、最近特に批判にあたっては、批判ありきなので、言葉以前にメチャクチャです…
      全体の話を聞いていれば全く問題ない発言も、部分を切り取ることによる印象操作には、嫌悪と憎悪を感じます。
      なにより、その追求が第一になって、本来議論・解決すべき問題がおざなりにされることが、何より不満です。

      政治家には他人を陥れることよりも、政治家として、国や国民の問題をどう解決するかを考えてほしいです。

YOKO* にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です