BaVi国立公園 – モデル撮影会

『学生さん』

『学生さん』 K-1 / FA77mmF1.8 [ F2 1/90 ISO100]

K-1 / FA77mmF1.8 [ F2 1/90 ISO100]

3月の撮影会はハノイから西に50kmほど離れたところにある高原です。
フランス統治時代にはフランス人の避暑地として利用されていたそうです。

今回の撮影会を計画するに当たり、以前より話のあったモデル撮影をしようということになり、女子学生をモデルに撮影会が行われました。

 

『天然ソフトフィルター』

『天然ソフトフィルター』 K-1 / FA77mmF1.8 [ F2.4 1/60 ISO100]

K-1 / FA77mmF1.8 [ F2.4 1/60 ISO100]

この日は、というか、この時期は天気がはっきりしません。
そんな時に山を登るわけですから霧もよく出るわけでしてw

当然撮影会への影響も気になったのですが、適度な距離を取れれば、ソフトフィルターのような効果が出て、今回のような人物撮影では、むしろ良い方に効果が出てくれたように思います。

 

『バイク修理』

『バイク修理』 K-1 / FA77mmF1.8 [ F2 1/250 ISO100]

K-1 / FA77mmF1.8 [ F2 1/250 ISO100]

なかなか良い雰囲気の中で撮影することができましたが、柱の落書きはバイク修理の宣伝で、電話番号が書かれていますw

 

『霧中』

『霧中』 K-1 / FA77mmF1.8 [ F2.4 1/90 ISO100]

K-1 / FA77mmF1.8 [ F2.4 1/90 ISO100]

風景を撮るには邪魔な霧でしたが、ポートレートを撮る距離では素晴らしい仕事をしてくれましたw

 

『窓際』

『窓際』 K-1 / FA31mmF1.8 [ F2.4 1/30 ISO200]

K-1 / FA31mmF1.8 [ F2.4 1/30 ISO200]

ちなみにここは廃墟となった古い教会です。
扉の背景には、十字にくり抜かれた壁が見えます。

 

『天使舞う』

『天使舞う』 K-1 / DA15mmF4 [ F2.8 1/60 ISO200]

K-1 / DA15mmF4 [ F2.8 1/60 ISO200]

ポートレートということで、FA77を中心に、背景を使うかどうかでFA31を併用していました。
が、やはり広角バカの血が騒ぎ、魚眼で人物撮りという暴挙に出たわけですw
できるだけ人がはけるのを待ってから撮りましたが、魚眼故に、画角に入り込んでいることに誰も気づかないわけでしてw
2名ほど神隠しにあってもらいましたw

原画を拡大すると、厳密にはピントが合っていませんでした^^;
広角のパンフォーカスと縮小に助けられていますw

 

『白に浮かぶ白』

『白に浮かぶ白』 K-1 / FA31mmF1.8 [ F2.4 1/180 ISO200]

K-1 / FA31mmF1.8 [ F2.4 1/180 ISO200]

白い霧に白いアオザイは、保護色になりはしないかと心配でしたが、背景と距離を置いて撮れば、白の統一感で美しくなりますね。

 

『リクエスト』

『リクエスト』 K-1 / FA77mmF1.8 [ F2.4 1/90 ISO100]

K-1 / FA77mmF1.8 [ F2.4 1/90 ISO100]

このポースは私がリクエストしたわけではありませんw
別な方のリクエストで、他の参加者からは「やり過ぎ」と笑いが起きていましたが、せっかくなので自分もいただきましたw

 

『長い服』

『長い服』 K-1 / FA77mmF1.8 [ F2.4 1/60 ISO100]

K-1 / FA77mmF1.8 [ F2.4 1/60 ISO100]

アオザイとはÁo Dàiと書き、長い服という意味です。
日本の着物と並んで、女性を美しく飾る服だと思います。
着物は着るのが大変ですが、アオザイなら気軽に着ることができますね。

 

『ノンラー』

『ノンラー』 K-1 / FA77mmF1.8 [ F2.4 1/90 ISO200]

K-1 / FA77mmF1.8 [ F2.4 1/90 ISO200]

ノンラーとは、菅笠のことです。
撮影用アイテムとして持ってきていたのですが、バスに置き忘れていてずっと使えませんでしたw
せっかくなので、バスに戻ってから、すぐ近くで撮影ですw

人撮りはなかなか機会に恵まれませんが、楽しいですね。
撮影会と、モデルさんに感謝です。

ブログへの掲載許可もきちんと頂いていますよ。

今日の戯言 〜くどい言葉〜
ネットワーク網

ネットって網だよね

あとで後悔

後悔ってそもそも後で悔やむことだよね

ダントツトップ

ダントツって断然トップの略だよな…

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
いつもポチっていただきありがとうございます<(_ _)>
Thank you for your always clicking<(_ _)>
The clicking would support me.

BaVi国立公園 – モデル撮影会」への6件のフィードバック

  1. いいですね~これを日本でやろうとすると○○撮影会とかに行くしかないのかな・・・。
    恐ろしくてとても行けません(笑)

    • 単発のポートレート撮影会だときついですね^^;

      今回はポートレートメインではありましたが、それだけが目的ではありませんし、そもそも写真倶楽部の定例撮影会でしたから、男女混合の上、一眼コンデジ入り乱れての撮影でしたから、全体としてはあの異様な雰囲気はなかったと信じておりますw

      日本だと、仲良くなった女性に個人的にモデルをお願いするのが無難でしょうか^^;
      なかなか受けてくれる方はいないと思いますが…

  2. モデル撮影は未体験です。
    これはこれで楽しいとは思いますが、市内の大きな公園で時折開催されている、写真クラブの◯◯撮影会は傍から見ていると滑稽で。恐ろしくてとてもいけません。

    askさん ポトレも上手ですね~
    リクエストのポーズ、やり過ぎ感は感じられず、動きが出ていい画になっていると思います

    • 一人の女性におっさんが群がる図は、外から見ると、その中に入りたいとは思えないですね^^;
      とは言え、そうでもなければなかなか機会が無いのも実態で、なかなか難しい問題ではあります。

      今まで人物撮りでは、モデルさん次第で撮っていましたが、今回は一部だけリクエストしながら撮りました。
      みんなで撮っていたのでたくさんはできませんでしたが。

      ポートレートは、自分の技術・感性だけでなくモデルさんの魅力をどう引き出すかが大きいので、なかなか思い通りにならず、難しいと感じています。
      コミュニケーションスキルや、人の魅力を見つける能力を磨かねばと思います。

      で、そのうちいつかは、1対1で撮らせて貰える人に出会えるといいのですがw

  3. こんにちは。
    さすがに50kMも離れと違いますね(謎)
    私のブログ写真は自宅から半径2kmで勝負していますのでw
    そして、霧がとても良い雰囲気を醸し出していますね。これはお世辞抜きに素晴らしいと思います。
    霧できりきり舞いかと思いきや、切れのあるキリリとした写真もありますしw
    一人の女性をおっさんが囲んでいる写真も見たかったような見たくなかったような、五里霧中ですw

    • むしろポートレート撮影はハノイ市内のほうが本場ですけどねw

      この時は霧がいい仕事をしてくれましたが、そうでない時は、普段使わないソフトフィルターを持ち出さねばと思いました。
      クロスもソフトもイルミ撮影ぐらいでしか使ったことがなかったので、もっと活用してやらねばと思うわけです。
      まぁ、次いつポートレート撮影の機会があるか分かりませんけど^^;

      撮影会は男女比はいつも大体半々ですし、一眼+大口径レンズも2割くらいですから、多少状況はマイルドなはずですw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です